比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

社会人1年目は先輩に影響されないお金の使い方

先輩後輩の関係が出来てくるのは中学のクラブ活動などからかもしれません。その後高校、大学などでもあります。学生時代は基本的には自分では働いていませんからお金はそれぞれ同じぐらいしか持っていません。先輩が後輩におごるといってもせいぜいジュースをおごるくらいのことしか出来ないでしょう。それが社会人になってくると大きく異なってきます。

社会人1年目、その他数年の人が気をつけないといけないのは先輩社員のお金の使い方に惑わされないことです。先輩社員は長く働いているのでその分給料をもらっています。ですから生活のレベルも高くなります。自分達よりもいいスーツを着ていたり時計を持つ、食事などもいいものを食べているケースがあります。それをまねしようとすると一気になくなってしまいます。

若いときは若いなりにスーツのレベル、時計のレベルなどを合わせるようにします。安物とは言わなくても一般的なものを利用するようにします。そして給料が上がったり、ボーナスが出たときなどに少しずつ使うようにします。先輩以外には上司の存在もあります。食事などはご馳走になることがあるでしょうが、そのときには遠慮なくいただきましょう。お礼の言葉は必要ですが、お返しなどは不要です。

TCgN

Copyright (C)2018比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること.All rights reserved.