比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

私立だとどれ位お金がかかるか知っておく

学校には公立と私立があります。公立は主に市区町村、都道府県が運営している学校です。私立は学校法人など市区町村などとは運営者が異なります。公立か私立かの話が出てくるのは高校からのことが多かったです。また大学になると数や募集人員数から私立の方が優勢になります。小学校や中学校は義務教育でいけることから選択肢に挙げられることが少ないとされていました。

でも最近では私立の小学校や中学校を選択するケースが出てきています。まずは数が増えています。少子化として子供は減って言いますが私立の学校は増えている状態です。高校が中学を設立したり、大学が高校、中学、小学校のすべてを持つケースも出てきています。親としては出来るだけ楽に一流の学校に進学させたいので私立に行かせようとするケースが出てきています。

お金のかかり方がどうなるかですが、通常大学が最もかかるように感じます。4年間ありますし、理系と文系でも差があります。実際は大学によって大きく差があります。高校と中学では高校の方が負担が少ない場合があります。意外にかかるのが小学校です。大学よりも長い6年間なので1千万近くかかる事もあります。親の方がある程度余裕がないと行かせる事が出来ない事もあります。

TCgN

Copyright (C)2018比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること.All rights reserved.