比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

投資信託や個人向け国債でお金をためる

銀行を主に利用している人は証券会社の口座などをあまり利用しないかもしれません。基本的には株式投資のときに使う口座になります。株式投資をしようとするときは必ず必要になりますが、投資信託であれば必ずしも証券会社で作らなくてよい事もあります。お金をためようとするときにはあまり使い勝手のよくない、慣れていないところに預けると良いかもしれません。

投資信託は最近人気が出てきていて銀行や郵便局などでも購入が出来ます。解約もそれほど難しくはありません。ただし株式と同じ仕組みなので売却益がでていれば申告などが必要になります。そう考えると面倒ともいえます。それならとそのまま置いておくケースがあります。預けるときはもちろん申告などは必要ありません。解約が面倒な商品といえます。

個人向け国債も最近になって人気が出て買いやすくなっています。預け入れ期間によって商品が選べるようになっていて固定金利、変動金利などがあります。必ずしも金利が良いわけではないですがこちらも解約が少し面倒な商品といえそうです。解約が出来ないわけではありませんが銀行預金のように簡単には出来ません。余ったお金があればこういったところに少しずつ貯めるようにしておきます。

Copyright (C)2018比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること.All rights reserved.