比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

子供にお金を意識させるために口座を作る

子供名義の銀行口座を作ることはあります。あくまでも名義だけで実際は親が入出金を行ないます。ですから子供自身はその存在すら知らない事もあります。知ったとしてもどのように使うのかを知らないでしょうし、意味合いもわかっていないでしょう。しかし将来的に自立していくにはお金の管理が必要になっていくのは目に見えています。いつくらいから口座を持たせるかがあります。

一般的には就職をするときなどに作る事が多いとされていました。給料の振込口座として必要になるからです。それより前に大学時代、高校時代からある程度覚えさせることもあります。小遣を渡してすぐに使ってしまうようなことがあっては困ります。計画的に使うように口座内で管理をさせるようにします。手渡しで渡すのではなく、振込みで渡すようにする事もあります。

早めにやっておけば大学になって一人暮らしをするようになったときにも管理に慣れやすいことがあります。突然一人暮らしをして仕送りを振り込むとすぐに使ってしまって困ることがあるようです。それで1箇月生活させるようにしなければいけません。アルバイトなどをして貯めるようになると貯める楽しさを知る事もあります。そうすれば十分管理していくことができるでしょう。

TCgN

Copyright (C)2018比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること.All rights reserved.