比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

教育資金はどのようなお金かを認識して準備

子供の教育資金のことを考えるのは何時ぐらいでしょうか。結婚をする前、結婚をした後、妊娠がわかってから、出産してすぐ、幼稚園や小学校などある程度教育費用がかかりだしてから考えるような人もいます。もちろん必要なお金なので出来れば早い段階から考えておき準備をしだすのが良いとされています。結婚をした後ぐらいから少しずつ考えるようにするといいでしょう。

そもそも教育資金はどういった性格のお金になるかを知っておきます。まず使う時期がある程度決まっていることです。妊娠がまだの場合はわかりませんが、妊娠がわかれば出産日、そしてその後の子供の年齢もわかります。最終的には大学進学時にそれなりのお金が必要になってくるのでそのときまでにいくら準備しないといけないかを考えることになります。

準備の方法としてはあまりリスクの高い金融商品は望ましくありません。子供が大学進学するのは出産後18年後ぐらいです。老後などのようにはるか先のことではなくかなり近い将来のことです。リスクが高い商品だと資産を大きく減らしてしまうことがあるからです。一部にそういった商品を使うのは問題ないですが、大部分は元本割れが少ない商品などに入れるようにします。

TCgN

Copyright (C)2018比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること.All rights reserved.