比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること

相続税や贈与税を意識してお金を考える

相続をするときにたくさん税金を払わなくてはいけないのではないかと考えることがあります。以前はあまり考える必要がなかったとされています。それは課税される対象が限定されていたからです。必ずしもすべての人が課税の対象になるわけではありませんでした。ごく一部の人だけだったからです。分割するときに問題はあったようですが、税金はそれほど意識する必要がありませんでした。

しかし相続税の法律が変更となり課税される対象が増えることになりました。これまであまり関係がないと考えていた人も対象になる可能性がでてきています。すぐに発生するお金でないだけにしっかりと準備をしておく必要があります。相続税がかかるかどうかの問題もありますが、相続税になるか、贈与税になるかなどの問題も絡んできます。

生命保険に加入するときに契約者、受取人などの設定があります。この設定を安易に行なうと税金に影響してくることがあります。また相続の対象になるときとならないときもあります。知っていて行なうなら問題はありませんが知らずに行っているとしたら変更をするようにします。出来れば家族と話合っておき、受けようとする人たちにとって都合が良いような契約にしておきます。

Copyright (C)2018比較的若い年齢の頃からお金を貯金すること.All rights reserved.